tanapapaぶらり散歩

デジカメ片手に自宅周辺をぶらり散歩。 時には日帰りドライブ。気ままに撮影した草花や風景。

2013年12月-丹沢湖周辺

我が家のかみさんの兄姉といっしょに、丹沢湖方面へドライブに出かけた。
25年ほど前にも一度訪れたことがあり、今回が2回目となる。

2013年12月-洒水の滝  洒水の滝 ND8フィルター使用

東名高速の大井松田ICを降りて丹沢湖方面へ向かう途中にある洒水の滝。
日本にの名水百選、日本の滝百選、かながわの景勝50選、などに選定されている滝である。
数年前の台風による被害で、赤い橋より先の滝壺までは通行禁止になっている。

1.2013年12月-洒水の滝 2.2013年12月-洒水の滝 3.2013年12月-洒水の滝 4.2013年12月-洒水の滝 5.2013年12月-洒水の滝

1、2.少し離れた観瀑台からの眺め。
3、4.赤い橋の手前から。
5.と一番上の画像は、ND8フィルターを使用して、やや長い露出をかけている。
 水流の写り方が違ってくる。


6.2013年12月-丹沢湖 7.2013年12月-丹沢湖 8.2013年12月-丹沢湖

9.2013年12月-丹沢湖 10.2013年12月-丹沢湖 11.2013年12月-丹沢湖 12.2013年12月-丹沢湖

6.ダムの上からの丹沢湖。
7~12.丹沢湖記念館に車を止めて散策。
 7、8.丹沢湖のシンボル、永歳橋。
9、10.丹沢湖記念館の隣にある三保の家。
 湖底に水没した江戸時代末期の民家を移転復元したものだそうである。
11、12.昼食をとった落合館の前にあった栂(つが)のこぶ。「丹こぶ」というらしい。


2013年12月-中川の箒杉 中川の箒杉

13.2013年12月-中川の箒杉 14.2013年12月-中川の箒杉 15.2013年12月-中川の箒杉 16.2013年12月-中川の箒杉 17.2013年12月-中川の箒杉

13~17.丹沢湖の北側、中川地区にある箒杉。
 国の天然記念物に指定され、樹齢は推定2000年以上とされている巨木である。
 根元の周囲は11.9メートル、樹高は42.5メートルあり、関東地方でも有数のスギ巨木とのこと。
 大火や集中豪雨の被害から集落を守った経緯があるらしい。
 それでいて、観光地化されていない雰囲気がとてもいい感じである。


テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/18(水) 14:24:44|
  2.  丹沢湖周辺
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年12月-星野撮影~箱根大観山

12月4/5日、箱根大観山へ星の写真を撮りに出かけた。
どうやらアイソン彗星はほとんど(撮影の)可能性がなくなってしまったようである。
ならばラブジョイ彗星をというわけで、アイソン用に取っていた休暇を使って、一人で出かけた。
東名から小田原厚木道路、小田原からは箱根ターンパイクを使った。
大観山駐車場へは午後9時過ぎ到着。人っ子一人いない。
空は地平線から20度くらいは明るいが、そこから天頂にかけてはかなり良好とみた。
冬の銀河がきれいに見えていた。
地面はアスファルトなので、赤道儀マークXの固定感はすこぶるいい。
極軸のセッティングを済ませ、ラブジョイが昇ってくる午前3時ころまでは、
星雲・星団の撮影に精を出すことにした。
ラブジョイ彗星の撮影は午前4時前くらいから取り掛かった。
ただラブジョイが昇ってくる方向はちょうど東京方面に当たり、かなり明るくなっていた。
そうして撮影したのが下の画像である。

1.2013年12月-星野撮影~ラブジョイ彗星

1.撮影データ:EOS 7D EF300mm F4L f:5.6 ISO:1600 露出5分
イオンの尾とダストの尾がよく分かる。長さもかなり長い。
予報では光度4等級ということで、肉眼でも挑戦したが、確認はできなかった。
ただ、8cm双眼鏡では大きく広がったコマと短いながらも尾がよく見えていた。


2.2013年12月-星野撮影~箱根大観山 3.2013年12月-星野撮影~箱根大観山

2、3.EOS 5DII EF300mm F4L f:5.6 ISO:1600 露出3分X4枚
 2.は彗星核に合わせてコンポジット、3.は恒星に合わせたもの。尾が分かるように少し明るく補正。


4.2013年12月-星野撮影~箱根大観山 5.2013年12月-星野撮影~箱根大観山

4.EOS 7D EF300mm F4L f:5.6 ISO:1600 露出3分X4枚
5.EOS 7D EF300mm F4L f:5.6 ISO:1600 露出3分X8枚
 それぞれ彗星核に合わせてコンポジット。
 ダストの尾に濃淡があるのがよく分かる。

ここからはラブジョイの撮影前に撮ったもの。

6.2013年12月-星野撮影~M31 

6.M31、アンドロメダ大星雲 EOS 5DII 300mm f:5.6 ISO1600 5分X4枚
 先日富士山で撮れなかったM31である。淡いところを出すのが結構難しい。

7.2013年12月-星野撮影~ネフスキー彗星 8.2013年12月-星野撮影~M1 9.2013年12月-星野撮影~M33

7.ネフスキー彗星。光度10等級。EOS 5DII 300mm f:5.6 ISO1600 5分
 中央やや左側に青くぼんやり写っているのがネフスキー彗星。
8.おうし座にあるM1、かに星雲。小さい上に赤いので写りは今ひとつ。EOS 5DII 300mm f:5.6 ISO1600 5分
9.さんかく座のM33。M31の近くにある明るい系外星雲、銀河である。EOS 5DII 300mm f:5.6 ISO1600 5分X2枚


10.2013年12月-星野撮影~M42 11.2013年12月-星野撮影~馬頭星雲 12.2013年12月-星野撮影~プレアデス星団

10.M42、オリオン座大星雲。EOS 5DII 300mm f:5.6 ISO1600 5分X4枚
11.M42と馬頭星雲。EOS 5DII 300mm f:5.6 ISO1600 5分X2枚
12.M45、プレアデス星団。和名すばる。EOS 5DII 300mm f:5.6 ISO1600 5分X4枚


13.2013年12月-星野撮影~M35 14.2013年12月-星野撮影~M44 15.2013年12月-星野撮影~M46、47

13.ふたご座の散開星団M35。右下に淡い散開星団、NGC2158が写っている。
14.かに座の散開星団、M44プレセペ星団。300mmだと広がりすぎて面白くない感じである。
15.とも座のM46と47。散開星団である。左の46の上部に非常に小さく青く見えているのは、
 惑星状星雲のNGC2438。


16.2013年12月-星野撮影~M81、82 17.2013年12月-星野撮影~M51 18.2013年12月-星野撮影~M97

16.おおぐま座のM81と82。系外星雲である。4枚合成。
17.りょうけん座のM51、子持ち星雲。小さいがはっきりと写っている。
18.おおぐま座のM97とM108。M97は惑星状星雲で、画面左中央に青くポツンと写っている。
 フクロウ星雲という別名を持っている。その左上に細長く写っているのがM108。
 その他にもいくつか星雲が写っている。


19.2013年12月-星野撮影~M65、66 20.2013年12月-星野撮影~Mel111

19.しし座の系外星雲、M65、66、NGC3628。三つが形よく並んでいる。
20.かみのけ座の散開星団Mel111。Melはメロットと読む。
 画面中央左側にNGC 4565という系外星雲が小さく写っている。銀河を真横から見た形をしている。


21.2013年12月-星野撮影~大観山からの富士山 22.2013年12月-星野撮影~大観山からの富士山 23.2013年12月-星野撮影~大観山からの富士山

21~23.撮影が終わって、あたりが明るくなってくると富士山が見えるようになってきた。
 展望台側に行ってみると数人の人がここからの眺望を撮りに来ていた。
 普通なら富士山と芦ノ湖が見えるのだが、朝ということもあって芦ノ湖は濃い霧に埋もれていた。
 私も思わずシャッターを切った。

一晩を通して星の撮影をしたのは、ずいぶんと久しぶりの気がした。充実感とともに疲労感も大きい感じである。
こういうところで撮影すると、自宅での情けない空で撮影する気がなくなってしまう。
だが、アイソン彗星はとても残念な結果になりそうであるが、ラブジョイという彗星が明るくなったおかげで、
大観山に行くことになったわけで、ラブジョイ様様と言えそうである。
機会があれば今後も使いたい場所であった。


テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/06(金) 18:12:59|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年11月-ラブジョイ彗星3、4

11月30日、12月1日と2日続けて、ラブジョイ彗星の撮影をする。
30日は仕事ではあったが、出社前午前3時に起床し、セッティングをした。
アイソン彗星の崩壊のニュースは衝撃的であった。
私も太陽観測衛星SOHOの画像を見守っていはいたが、アクセスが集中したせいか、
つながりにくい状態が続いていた。
思えば、数日前に撮影したアイソン彗星の画像を見た時の感想、「ちょっと小さいんじゃないか?」
という漠然とした不安は、不幸にも的中してしまった。
ただ、この同時期にラブジョイという明るくなった彗星が出現していてくれたのは、文字通り
不幸中の幸い、と言えるかもしれない。
ラブジョイ彗星は自宅でもそれなりに写ることが何より嬉しい。

1.2013年11月-ラブジョイ彗星3 2.2013年11月-月

1.EOS 5DII EF300mm F4 ISO:400 f:6.3 露出12分(3分X4枚)
 あまり高度が高くないので、光害の補正がなかなか難しい。
2.5時過ぎ、月齢26の月がおとめ座のスピカとともに昇ってきたので、撮影してみた。
 300mm望遠。露出1秒。


12月1日の撮影。
前日とこの日、今季一番の寒さだったようで、薄い氷が張っていた。
霜柱もザクザク立っていた。
アイソン彗星はその残骸が、今後見えるかもしれないとのことで、アイソン用に取った休日を
ラブジョイ用に変更し、空のきれいなところで撮影してこようと思っている。

3.2013年11月-ラブジョイ彗星4 4.2013年11月-ラブジョイ彗星3

3.EOS 5DII EF300mm F4 ISO:400 f:5.6 露出12分(3分X4枚)
4.EOS 7D EF300mm F4 ISO:400 f:5.6 露出12分(3分X4枚)
 同じレンズでもカメラボディのセンサーの大きさにより、違ってくる。
 7Dだと約1.6倍、480mm相当になる。


テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

  1. 2013/12/01(日) 19:16:14|
  2. 天体写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tana88

Author:tana88
ぶらり散歩しながら撮影した自宅周辺の草花や、日帰りドライブ先での風景など。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

デジカメ WEBRING

DigiCame WEBRING