tanapapaぶらり散歩

デジカメ片手に自宅周辺をぶらり散歩。 時には日帰りドライブ。気ままに撮影した草花や風景。

2011年10月ぶらり散歩-自宅周辺

1.2011年10月ぶらり散歩-はなみずきの実 2.2011年10月ぶらり散歩-はなみずきの実 3.2011年10月ぶらり散歩-もみじの実

1-2.はなみずきの実。秋を彩る代表的な赤い実。
3.もみじの実。プロペラ状の変わった形をしている。


4.2011年10月ぶらり散歩-イヌサフラン 5.2011年10月ぶらり散歩-イヌサフラン 6.2011年10月ぶらり散歩-せいたかあわだちそう

4-5.我が家の庭に毎年この時期なると咲く、イヌサフラン。葉は出ないで花だけニョキッと咲くのが面白い。
6.跨線橋の上から。黄色の背高泡立草(せいたかあわだちそう)と葛の緑。


7.2011年10月ぶらり散歩-しゅうめいぎく 8.2011年10月ぶらり散歩-しゅうめいぎく 9.2011年10月ぶらり散歩-しゅうめいぎく 10.2011年10月ぶらり散歩-しゅうめいぎく

7~10.我が家の庭の秋明菊(しゅうめいぎく)。名前は秋に菊に似た花を咲かせるところから。
 菊と付いているが、きんぽうげ科。ピンク色もあるらしい。


11.2011年10月ぶらり散歩-セージ 12.2011年10月ぶらり散歩-まるばしゃりんばいの実 13.2011年10月ぶらり散歩-みかん 14.2011年10月ぶらり散歩-おしろいばな

11.セージ(ハーブの一種)。近所の軒先にて。
12.丸葉車輪梅(まるばしゃりんばい)の実。ちょっとブルーベリーにも似ている。
13.我が家のみかん。今年もたくさん実った。
14.道端に咲いていた、白粉花(おしろいばな)。ピンクのまだらというのが珍しい、かな。


15.2011年10月ぶらり散歩-じゅうがつざくら 16.2011年10月ぶらり散歩-じゅうがつざくら 17.2011年10月ぶらり散歩-じゅうがつざくら

18.2011年10月ぶらり散歩-じゅうがつざくら 19.2011年10月ぶらり散歩-じゅうがつざくら 20.2011年10月ぶらり散歩-じゅうがつざくら

15~20.十月桜(じゅうがつざくら)。全体のつぼみの3分の1が10月頃から、残りの3分の2は春に咲くとのこと。
 確かに花は桜なので、最初は狂い咲きかと思ってしまう。だが、この時期の桜はやはりちょっと
 寂しい感じがする。


21.2011年10月ぶらり散歩-はなとらのお 22.2011年10月ぶらり散歩-きんしばい 23.2011年10月ぶらり散歩-メキシカンセージ 24.2011年10月ぶらり散歩-かわらなでしこ

21.花虎ノ尾(はなとらのお)。夏の花だが、この時期までよく咲いている。
22.これも時期はずれの金糸梅(きんしばい)。他にも3~4輪咲いていた。
23.メキシカンセージ。サルビアの一種になる、しそ科の花。
24.河原撫子(かわらなでしこ)。これまた時期はずれだが、近所の玄関先で可憐に咲いていた。


25.2011年10月ぶらり散歩-コスモス 26.2011年10月ぶらり散歩-コスモス 27.2011年10月ぶらり散歩-コスモス 28.2011年10月ぶらり散歩-コスモス

29.2011年10月ぶらり散歩-コスモス 30.2011年10月ぶらり散歩-コスモス 31.2011年10月ぶらり散歩-コスモス

25~31.秋桜(コスモス)。秋はやっぱりこの花が代表だと思う。
 コスモスはキク科。畑の空き地に群生していた。茎が細いので、少しの風にも揺れてしまうので、
 風の合間を待ちながらの撮影となる。


32.2011年10月ぶらり散歩-わらぼっち 33.2011年10月ぶらり散歩-わらぼっち 34.2011年10月ぶらり散歩-せいたかあわだちそう 35.2011年10月ぶらり散歩-からすうり

32.この時期の風物、わらぼっち。ちびっ子の時、良くこれでかくれんぼなんかしていたのを思い出す。
33.わらがけしているところには、こうしてスズメがやってくる。
34.田んぼの畦道に咲く、背高泡立草(せいたかあわだちそう)。雑草だが色と形が良く目立つ。
35.カラスウリの実。この花はとても綺麗なのだが、夏の夜中に咲くのでなかなか撮るチャンスがない。


36.2011年10月ぶらり散歩-ピラカンサス 37.2011年10月ぶらり散歩-みょうがの花 38.2011年10月ぶらり散歩-だいこんの葉

36.畑の空き地でひときわ目を惹く、ピラカンサスの実。
37.茗荷の花。我が家の畑にて。
38.大根の葉。今年も畑で大根を栽培している。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/29(土) 22:43:20|
  2. 自宅周辺ぶらり散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年10月ぶらり散歩-箱根千石原・湿生花園

10月中旬、箱根仙石原に行って来た。
あいにくの曇天で、写真的には面白みに欠ける結果となってしまった。
先に近くにある箱根湿生花園にも寄ってみたが、こちらもすでに花々のピークが過ぎ、
見るべき、撮るべき対象がほとんどなかった。

2011年10月ぶらり散歩-なでしこ     2011年10月ぶらり散歩-まつむしそう     2011年10月ぶらり散歩-さわぎきょう
        -カワラナデシコ-         -マツムシソウとイチモンジセセリ-      -サワギキョウ-

2011年10月ぶらり散歩-げんのしょうこう     2011年10月ぶらり散歩-りんどう     2011年10月ぶらり散歩-
   -げんのしょうこ-            -りんどう-           -もみじではないが紅葉-

源頼朝が雄大な原野を眺めて「この地を開墾すれば米千石はとれるだろう」と、言ったのが地名の由来との説があるとおり、
広大なススキの原っぱとなっているのが仙石原。
平日にもかかわらず、かなりの人が訪れていた。

2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原    2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原    2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原

2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原    2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原    2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原

2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原    2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原    2011年10月ぶらり散歩-箱根仙石原

晴天で青空、または逆光の夕陽越し、なんかで撮ったらまた違った印象になるんだろうと思った。
広がり感を出すのはなかなか難しい。

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/24(月) 16:51:05|
  2.  箱根仙石原
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年10月ぶらり散歩-アカボシゴマダラ

2011年10月ぶらり散歩-アカボシゴマダラ

10月のはじめ、いつもどおりカメラ片手にぶらり散歩をしていると、見慣れない蝶に出会った。
中学の頃、昆虫採集、特に蝶を集めるのが好きで、標本作りをしていた経験がある。
3年の夏休みの自由研究では、自宅周辺で採れる蝶と題して提出した。
標本箱もその辺の板切れとガラスを利用して手作りし、標本ラベルも図鑑を見ながらの手書きであった。
提出後、担当の理科教師が私には内緒で、よみうり学生科学コンクール(そんな感じの名称だった)に出品し、
幸か不幸か入賞、賞状ももらってしまった。
標本作りはその後全くしていないが、その時仕入れた知識のおかげで、自分の住んでいる地域内で見ることが
出来る種類は今でもだいたい分かるから、若い時の記憶というのはすごいと思う。。
7~8年前から私の住む横浜市内でも南方系のナガサキアゲハが見られるようになり、
これも温暖化の兆候かもしれないと、知人・友人に良く話をしていた。
その時もすぐに今まで見たことがない蝶だと、私の蝶アンテナが反応した。
そして今回、またしてもピピッと反応したのである。

2011年10月ぶらり散歩-アカボシゴマダラ  2011年10月ぶらり散歩-アカボシゴマダラ  2011年10月ぶらり散歩-アカボシゴマダラ

名前は「アカボシゴマダラ」。 タテハチョウ科に属する蝶である。
タテハチョウというのは止まった時、羽を上に立てることに由来しているが、
アゲハもそうするので、曖昧と言えば曖昧なところ。
で、このアカボシゴマダラ、本来は奄美大島とその周辺の島々だけに分布している蝶である。
それが5~6年ほど前から神奈川県を中心とする関東地方南部でも多数発生・定着するようになり、
毎年分布を拡大していることが報告されているとのこと。
マニアによる人為的な放蝶の可能性が高いようである。

2011年10月ぶらり散歩-アカボシゴマダラ  2011年10月ぶらり散歩-アカボシゴマダラ  2011年10月ぶらり散歩-アカボシゴマダラ

撮影した時はアゲハの一種かと思ったが、ゆったりとした 飛び方、止まった時の羽の動かし方から
タテハチョウの仲間と見た。いや、タテハチョウより羽の模様が派手なのでゴマダラチョウか。
しかし、後翅の外縁にこのように鮮やかな赤い斑紋があるタテハチョウなど50年以上住んでいる
自宅周辺では見たことがない。おまけに口吻(こうふん)、丸まったストロー状の口の色が黄色と来たもんだ。
これも見たことがない。
マニアが放蝶したとしても、環境が許さなければ繁殖は難しいのが昆虫の世界。
それが拡大しているということは、関東地方の環境が、奄美大島近辺とそう変わらなくなってきている
ということなのだろうか。
撮影時はちょっと興奮気味だったせいか、絞りを絞るのを忘れてしまったため、
ややピントが浅目になってしまったのが残念なところ。
だがそれよりも、ナガサキアゲハの時と同様、自分の「アンテナ」が反応したことが素直に嬉しい。
ファインダー越しに見た、黄色の口吻の衝撃は、近年感じたことのない高揚感があった。

テーマ:昆虫の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/24(月) 13:07:31|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年9月ぶらり散歩

1.2011年9月ぶらり散歩-もみじあおい 2.2011年9月ぶらり散歩-くず 3.2011年9月ぶらり散歩-韮花

1.我が家の紅葉葵に、蜜を吸いにクロアゲハがやってきた。
2.先月から咲き出している、葛の花。
3.こえは韮の花。畑だけだなく、最近は庭先などあちこちで目にする。


4.2011年9月ぶらり散歩-なし 5.2011年9月ぶらり散歩-なし 6.2011年9月ぶらり散歩-ほおずき 7.2011年9月ぶらり散歩-むらさきごてん

4-5.隣町で親戚が梨園を経営している。そこでのひとコマ。もぎたてはとても瑞々しく、実に美味い。
6.近所の庭先に植えられていた、ほおずき。
7.紫御殿(むらさきごてん)という花。全体が紫色で、植物の色としては特異な部類に入る。


8.2011年9月ぶらり散歩-黄花コスモス 9.2011年9月ぶらり散歩-黄花コスモス 10.2011年9月ぶらり散歩-黄花コスモス

8~10.黄花コスモス。黄色というより橙色に近い。この時期あちこちに咲いている。
8.は逆光で花の裏側から撮影。


11.2011年9月ぶらり散歩-朝鮮朝顔 12.2011年9月ぶらり散歩-へそくそかずら 13.2011年9月ぶらり散歩-しそ 14.2011年9月ぶらり散歩-やぶらん

11.これも近所の庭先で見つけた木立朝鮮朝顔(きだちちょうせんあさがお)。別名エンゼル・トランペット。
12.この花の名前はすごい、屁糞蔓(へくそかずら)という。悪臭のため、この植物を食べる虫はいないとのこと。
13.青紫蘇(あおじそ)の花。天ぷらにして食べるとおいしい。
14.薮蘭(やぶらん)。蘭という名が付いているが、ゆり科の植物。


15.2011年9月ぶらり散歩-まるばはぎ 16.2011年9月ぶらり散歩-まるばはぎ 17.2011年9月ぶらり散歩-まるばはぎ 18.2011年9月ぶらり散歩-はぎ

15~18.萩の花。15~17.はマルバハギ、18.はヤマハギかと思われる。マメ科の植物。
15.の蝶はキチョウ。花は蘭にも似ている。


19.2011年9月ぶらり散歩-しくらめん 20.2011年9月ぶらり散歩-しくらめん 21.2011年9月ぶらり散歩-しくらめん 22.2011年9月ぶらり散歩-マリーゴールド

19~21.マンションの玄関先に植えられていた、シクラメン。
21.は園芸品種だと思うが、詳しい名前は分からない。
22.マリーゴールド。この花は春先から秋まで、実に長い間咲いている。


23.2011年9月ぶらり散歩-きんもくせい 24.2011年9月ぶらり散歩-きんもくせい 25.2011年9月ぶらり散歩-こむらさき 26.2011年9月ぶらり散歩-やぶからし

23-24.金木犀(きんもくせい)の花。かなり遠方でもいい香りがする。
25.小紫(こむらさき)の実。我が家の庭にて。とても綺麗な紫色の実を付ける。
26.どこにでも咲いている、薮枯らし(やぶがらし)。蔓が伸びて植物を薮状にして枯らしてしまうから。
よくアゲハチョウが蜜を吸っているのを見かける。


27.2011年9月ぶらり散歩-茶 28.2011年9月ぶらり散歩-マメアサガオ 29.2011年9月ぶらり散歩- 30.2011年9月ぶらり散歩- 31.2011年9月ぶらり散歩-栗

27.お茶の花。お茶はツバキ科の植物。花後は三角形ぽい実を付ける。
28.道端で見つけた。マメアサガオ。葉っぱが朝顔に似ている。花は2cmくらい。
29.待宵草(まつよいぐさ)。 夕方、宵になるのを待つようにして花が咲くところから。雑草化している。
30.これは臭木(くさぎ)という植物の実というか種。種の部分の色は植物では珍しい青色。
31.栗の実。落ちる寸前。栗は自然に落ちたものの方が、おいしい。


32.2011年9月ぶらり散歩-おしろいばな 33.2011年9月ぶらり散歩-マルバルコウソウ 34.2011年9月ぶらり散歩- 35.2011年9月ぶらり散歩-

32.川べりの土手に群生していた、白粉花(おしろいばな)。いろんな色があるが、ここはピンク色。
33.おしろいばなと混ざって咲いていた、縷紅草(るこうそう)。五角形の形が特徴。
34.エゴノキの実。花は5月頃咲く。
35.水木(みずき)の実。これも5月頃花が咲く。木々にこういう実を見ると、秋を感じる。


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/08(土) 22:57:13|
  2. 自宅周辺ぶらり散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011年9月ぶらり散歩~彼岸花~

今月は埼玉県日高市の巾着田に、彼岸花を撮りに行く予定を立てていた。
ところが、台風15号が関東地方を通過した。かなりの強風が吹き荒れ、電車もストップ。
私も帰宅難民となり、帰宅が深夜になってしまった。
その影響が心配されたが、案の定、ニュースで流された巾着田の彼岸花は、ところどころで倒れている様子であった。
ということで、今年は自宅周辺で彼岸花を撮ることした。

2011年9月ぶらり散歩-彼岸花



1.2011年9月ぶらり散歩-ひばんばな 2.2011年9月ぶらり散歩-ひばんばな 3.2011年9月ぶらり散歩-ひばんばな


4.2011年9月ぶらり散歩-ひばんばな

自宅周辺にはまだまだ田んぼが広がっている場所がある。この時期、稲刈りが終わったところとこれからのところが
同居していて、その畦道にこの彼岸花が良く咲いている。
田んぼの基調色が緑から黄色に変わった中で、この花の色は遠くからでも非常に目立つ存在である。
彼岸花は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草で、リコリス、曼珠沙華(仏典用語でサンスクリット語)とも呼ばれる。
変わっているのは花だけではなく、いきなり茎が生え、花が咲き、花後に葉が出現する。
花が特異なだけあってよく目にするが、その葉っぱを知る人は少ない。私も見たことがない。
ひとつの茎にだいたい6個の花を輪生状に外向きに付け、全体としてこれらがあたかもひとつの花のように見えるのも特徴。
有毒性で、それゆえ害虫、害獣の駆除目的で田畑に植えられたとも言われているそうだ。
その色と形、また秋のお彼岸に咲くところから、日本では忌み嫌う傾向にある。
確かにこの花を摘んで、家の中に飾る気はしない。
長いオシベも特徴だが、種は出来ず、球根の株分けで増えていく。
私は子供の頃、この花を見ると線香花火を思い浮かべたのだが、、、。


2011年9月ぶらり散歩-ひがんばな

白い彼岸花、白花曼珠沙華。
仏教でいう曼珠沙華は「白くやわらかな花」であり、この花の外観とは相反するものであるが、
私はこの白い色の方が、そのイメージに近いのではないだろうかと思う。
これだったら、家の中に飾ってもおかしくない雰囲気を持っている。
形が同じでも、色によってこうも印象が違ってくるという典型だろう。
最後の1枚は、赤白が混在しているところを撮った。
混ざっていると、赤より白の方が存在感が出てくると、その時感じた。
5.2011年9月ぶらり散歩-ひばんばな 6.2011年9月ぶらり散歩-ひがんばな 7.2011年9月ぶらり散歩-ひばんばな


テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/04(火) 23:26:49|
  2. 自宅周辺ぶらり散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

tana88

Author:tana88
ぶらり散歩しながら撮影した自宅周辺の草花や、日帰りドライブ先での風景など。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

デジカメ WEBRING

DigiCame WEBRING